ここ一か月の騒動をまとめてみました。

どうも、三尺です。

奥さんが骨折して一か月が経ちましたので、ここらでまとめてみようと思います。

完全に自己満足記事ですw



「足を捻挫して保育園から動けない、へるぷみー」って奥さんからLINEが来たのは、18時のちょっと前でした。

捻挫かー、まぁ一週間くらいの辛抱かぁと思い、保育園に行くまでの1時間で必死に考えていたのは、こんな事。

・状況が分からないけど、とりあえず百均で杖を買おう

・どこか整形外科に連れて行こう

・夕飯の用意しなくちゃ

・暫く2階の寝室には移動できないだろうから布団を1階に持っていこう

・暫く子供の保育園送迎をやらなきゃダメか?

そんな事を考えながら保育園に着くと、座ったまま足がめちゃくちゃ腫れている奥さんと呑気に遊んでいる子供の姿。

話を聞くと、子供を抱っこしたまま階段を降りた時に転んだらしい。

そして2人を車に乗せ、市の医療相談ダイヤル等に電話をすると、T病院なら夜間やってると言われたので20分程運転してT病院の受付に行くと、「今日は整形外科の先生がいません」と。

しかし、市の整形外科一覧をコピーしてくれて、C病院ならやっているかもしれない、と曖昧な事を言われイライラしましたが、C病院に電話をしてみると、もう今日の診察は終わってます、とか冷たく言われた記憶だけがあります。

そして、ここから数日は、奥さんと子供とネコをワンオペで見る事確定。

翌日S病院に向かうと、完全に骨折しており入院して手術の必要あり、と。

全治一か月と聞いて軽い眩暈が起きましたが仕方なし。

手術の日程はまだ決められず、来週の早い段階で行うと言う予定だけでした。

会社の方へは事情を説明し、時短勤務の相談をしました。

そして、同日に待合室で待っていた時に膝が痒いと思っていたら掻いた傷から黴菌が入ったみたいで腫れるし痛いしで、これが悪化して自分も歩けなくなったらどうしようとか軽いパニックでした。

さらに追い打ちをかけるように子供の足に湿疹が(泣)

翌日に皮膚科へ行き、親子同時受診をしてもらいました。

僕の膝は「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」という雑菌が入った症状で、子供の湿疹はステロイドの軟膏を処方して頂きました…が、数日経っても一向に湿疹が治りませんでした。

翌週、奥さんが再診するD病院の小児科で子供の湿疹も診てもらおうと思ったら…

もうツキの無さが半端ないですw

そして、奥さんの方は数日~数週間入院、全治三カ月との診断。

ここで奥さん不在の完全ワンオペは無理、と判断して、母に応援に来てもらう事にしました…が、実家から電車で来てもらうのは無理なので、翌日に片道2時間かけて迎えに行きました。

そしてその翌日は入院手続き。

そして翌日に手術。

がっつりプレートとスクリューが埋め込まれています。

奥さんの入院中、子供が母と仲良くしていたのが救いです。

翌日面会に行くと、いきなり退院の話。

母をもう少し家に滞在させても良かったんだけど、お互いに気をつかうだろうしな…と言う事で翌日に母を実家へ送る事になりました。

この日ばかりは、早く自動運転の車が出てこないかなぁと思いながら運転してましたね…。

それから2日後の夜、なんか目がショボショボすると思ってこすったら目がものすごく腫れました(泣)

弱り目に祟り目ってこういう事ですよね…疲れがたまって抵抗力が落ちてたんだと思います。

結膜炎はなんとか2日程度で治りました。

思い返すと、時期が悪かった。

とある事情で家の設備を変える必要があるのですが、消費税導入半年前の3月末までに市に提出する書類を書いたり業者に連絡したり、4月から子供が年少組に入るので色々用意する必要があったり、子供の服が短くなったので買いにいかなきゃならなかったり、この一か月はドタバタしまくりでした。

とりあえず一か月は乗り切りました。

来月末には奥さんも歩けるようになって、もうこの生活も終わる…ハズ。

家事の何が大変って、毎日の食事かなー。

同じ物ばかり作るのも出来合いの物ばかりも嫌なので、夕飯だけは毎日作ってます。

とは言え、それほどレパートリーがある訳でもないので、1週間の間だけ同じ料理が重ならなければ良いや、と言う感じですがw

と言う感じで、何とか生きています。

御精読ありがとうございました。



PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク