戦争を美化してはいけないとしか言えない残念な人達

8/15は太平洋戦争の終戦の日。twitterでも戦争関連のツイートがたくさん見受けられました。

戦争被害にあわれた方々の代理とでも言わんばかりに「美化してはならない」というツイートが多くみられます。

また、戦死者を「御霊」とか「英霊」と呼ぶ事を非難してますが、霊を敬っている言葉なので問題は無いと思います。

そして、今回のメインテーマですが、戦争は本当にいけない事だったのかと思うと同時に、何故アメリカに戦争をしかけたのかを考えましょう。

日本史のおさらいですが、1941年の時点、イギリスはインド、フランスはインドシナ、スペインはフィリピンなど、欧米列強はアジアに植民地を持っていました。要するに侵略です。さらにロシア、アメリカもアジアを狙っていました。アジアの人たちは何もしていません。欧米列強が自分勝手に侵略してきました。

そんな中、日本は満州、朝鮮半島、台湾を植民地としていましたが、アメリカ・イギリス・中国・オランダは日本に対し経済封鎖をしかけます(ABCD包囲陣)。

日本は4国に対して敵対行動はしていないのに、です。

さらにアメリカは植民地などの権利を放棄するように文章を送りつけます(ハル・ノート)。

この状況で、日本は開戦に踏み切ります。時間が経てば石油も無くなり、戦争自体ができなくなるからです。そうなってしまうと、日本人はみんな奴隷になってしまう。

ちなみにこの時代、戦争は合法行為です。外交の延長行為でした。

ここで戦争をせずに話し合いで解決を!と言う人は、かなり頭の中がお花畑です。

すでにアジアのほとんどは植民地になっているんです。日本だけが話し合いで解決する可能性は限りなく低いのです。



次に、戦争は悲惨で、民間人を巻き込むからいけない、と言う声。

太平洋戦争においては、戦争だから民間人が被害にあったわけではありません。

大前提として、戦時国際法では、非戦闘員を攻撃することを禁止しています

先に述べた東京大空襲、広島・長崎の原子力爆弾、沖縄戦、これらは明らかに戦時国際法違反です。

「戦争はいけない事だ」と言う前に「不正な戦闘行為を行った国がある」と考え、そこを非難すべきです。

そして「美化」という言葉。

兵隊さんの多くは、軍の命令で行きたくもない戦地に行かされました。しかし、そうしなければ、家族を守る事はできないからです。国をあげて必死だったんです。

別にスーパーヒーローとしてリスペクトしろとは言いませんが、感謝と労いの言葉くらいは良いのではないでしょうか。

「美化」がダメなら、「愚かな無駄死に」というべきなのかな…?それこそ死者の冒涜ですよね。

また、日本中が内戦状態だった戦国時代・幕末なんかは、頻繁に戦争が行われ、農民が犠牲になっていましたが、イケメン俳優が武将を演じ、大河ドラマなどで放送されています。

あれこそ「美化」だと思うのですが、非難されなければいけません。

僕はそこそこ歴史物は見ているし読んでいると思いますが、戦争や人殺しを行いたいとは全然思いません。それぞれの時代の原因はあるし、生きるために必死だったんだと思います。

現代は戦争そのものが違法ですし、侵略戦争をして領土を得たからと言って利益を得られる物はほとんど無いはずです。昔と違ってメリットが無い事を多くの人は知っているハズなので、ちょっと戦没者の言い回しを変えたぐらいで避難するのはナンセンスです。

太平洋戦争から73年。過去の戦争はしかたのない戦争、現代は現代。

賛美もせず非難もせず、色々な出来事の積み重ねが現代を作り上げているという事で良いのではないかと思います。




PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク