フィボナッチ係数

フィボナッチ係数を計算するツールがあったので貼ります。

フィボナッチ計算器はInvesting.com 日本 によって機能されている

フィボナッチ係数については詳細に説明しているサイトがたくさんあるので、興味のある方はググってほしいのですが、一言で言えばチャートの高値と安値の23.6%、38.2%、50.0%、61.8%、76.4%の5つの比率ラインがサポート/レジスタンスラインになる事が多いので目安にしましょうと言う事です。

どんなもんなんだろうと実験してみます。まず、下記のオウチーノ6/12のチャートを見てみます。

高値4025、安値3940です。

上記の5つのラインを引くとごちゃごちゃするので、高値・安値の他に3つだけ引いてみると…

確かに、それぞれのラインが転換点となっていますし、このラインに指値・逆指値を入れておけば効率が良さそうです。

朝の通勤時にスマホでこれがチェックできれば楽だと思いましたが、iOSアプリを探したらありそうで無かったので、このページの上部に貼ってみました。

簡単な関数で作れるので、スプレッドシートで自作するのが楽かもですけどね。

…話変わって、今日の4764 SAMURAIは前場中に666円をつけたものの下降トレンドに切り替わりました、一応マイ転はせずに引けましたが。

僕は前場で利確して再INし、とりあえず窓埋めだろうとホールド中ですが、先日まで散々煽っていた方が沈黙している事がすごく気になりましたw

まぁ、それに踊らされて損しても自己責任ですし、また信用規制かかるかもしれないので調整かも知れませんが、SNSで株を取り上げるのって「応援」じゃなくて「煽る」という言葉がぴったりなんだな、と思ってしまいます。

更に言うと、日曜日の早朝にY!掲示板に一時的に投稿されていた内容についてですが、何故消してしまうのに投稿したんでしょう?

残しておくとインサイダーになるから消した?いやいや、SS取れば証拠は残りますし、ツイッターでもDMで教えていた方いましたよね…、でもインサイダーの類の情報でも無かったか。

オウチーノの目標株価をDMで教えていたケースもありましたし、インフルエンサーさんはSNSを利用した新しい煽り方を模索しているのかも知れません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする