仕事でミスした時に考えるべきこと

新入社員の方々も入社一か月を過ぎ、そろそろ仕事を任される時期でしょうか。今は研修プログラムを持たない会社も多いので、いきなり最前線に放り込まれている人も多いかもですね。

そんな方々へ老婆心ながら言わせていただくと、

「仕事でミスした時は、まず報告」です。

報告は早くすればする程良くて、後にすればする程悪い結果を生む事が多いです。

連絡手段にしても、今はスマホもあるし、圏外地域なんて探す方が大変なので、連絡ができないハズはありません。

面倒臭いとか、後で良いだろうとか思っても、連絡が遅れれば、その考えが相手にダダ漏れです。

例えば遅刻の場合、始業時刻になっても席にいない人を見て、まずは「何か事故にあったのかな」と「心配」をします。それが寝坊でも電車遅延でも遅れて連絡をした場合、心配の反動は「怒り」に動いてしまいます。遅れると分かった時点で連絡をしろ、と言う上司は少なくないでしょう。

先に述べた「悪い結果」とはこの事で、少し早く連絡すれば無事済む場合が多いのに事後報告で悪化する事は結構あるものです。

信用は失いやすく、得難い物です。

別に社畜になって仕事頑張れ!とか熱血するつもりは無いのですが、皆で仕事をしている以上、お互いにストレスを溜めずに仕事をしたいなぁと思います。

そういう事ができない人と仕事を組んだ時、

「あぁ、自分はこんな底辺で働いているんだ。早く抜け出したいなぁ。」

とか思っちゃう訳です。せっかく子供の頃からの夢だったゲーム制作に関わっているのに。

会社をお休みするにしても、「休みます。ご迷惑をおかけします。」等の定型文ではなく、期限が厳しい時なんかは「●●の件は、◆◆まで進んでいます。▽▽の件は、申し訳ありませんが、誰々さんに~」とか連絡があれば良いと思うんですけどね…、そんなに文字打つの嫌なのかな?

今は転職でキャリアアップ!起業して好きな事をやろう!的なキーワードが横行していますが、兎にも角にも今いる現場で信用を得ない事には次に繋がらないと思うのです。

ぶっちゃけスキルがなくても、人とのコネクションがあれば、なんとか仕事はやっていけるものなんです。

なんか愚痴っぽくなりましたが、少し溜まっている物を吐き出させて頂きました(笑)

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク