3323レカムのS高について

株初心者の三尺です。

本日(4/26)、3323レカムがS高になりました。

低位株の中でも仕手系と思い注目はしていたのですが、今回のS高は全然読めなかったので、後学のためにまとめてみました。

まずは、どんな会社なのか調べました。

四季報によれば、「中小企業向けにIP電話など情報機器販売。業務受託(BPO)は日本で発注、中国現法が運営」とあります。

次に沿革概要。1994年設立。2003年に中国に子会社設立、2004年ヘラクレス上場。その後いくつかの会社との業務提携、ミャンマーやベトナムにも事業展開を進め、売上高・営業利益共に右肩上がりで、とても好調に見えます。

ここ2年のチャートを見ると、まず2017年7月にぴょこっと跳ねています。

材料はこちら。

レカムがストップ高、子会社が今年末までに中国新興市場に上場へ

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201706270239

子会社が中国で上場予定の報だけで、こんなに出来高が出て上がるものなのかな?

株価は70円から140円迄上がったところで失速。ですが、出来高は減るものの株価はそれほど下がることなくヨコヨコ展開。そして約半年後、急騰します。

材料はこのあたりかな?

レカム—大幅反発、光通信と環境関連事業で資本業務提携

https://kabutan.jp/stock/news?code=3323&b=n201712190232

この頃はインフルエンサーさんの煽りがすごかったのを覚えてます。

この急騰は年を越しても継続し、1月16日に553円に達した後に急落します。前回との大きな違いがここにあり、500円から300円まで急落し、すぐ400円に戻った後にまた急落なんですね。ヨコヨコで株を集め、上げたらふるい落としして上げて落とす、要するに仕手の操縦そのものですよね。

いつ戻るかな~と買ったり売ったりをしていましたが、四か月後にいきなりS高。フィボナッチ的には0.382を少し下回った(553 x 0.382 = 211.2)頃に今回の子会社上場の報で切り返した感じです。

今日のY!掲示板で「閑散に売りなし」って格言を発言されていた方がいましたが、とても勉強になりました。

まだ一日目で初動なので良く分かりませんが、気になるのは今までの高騰と比べると出来高が低く見えます。これは初動だからかな?

また判断が難しいところとしては連休前の高騰と言うこと。

昨年末の高騰も同様でしたが、同じ道を辿るのかな~?連休前は買いにくいんだよな…、そのあたりを仕手さん達は考慮していると思いますが。

まだチャートを読む目ができていないけど、3647ジースリーの一昨年の動きと似ているので、こうなると良いなと言う願望を思いつつ以降の動きを注視します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする