お金をかけずに静電気対策を行う方法

三尺です。

冬の感想した時期などにドアノブを触った時に「バチッ」となる静電気はとても嫌ですよね。

世の中には静電気対策グッズが色々ありますが、お金をかけずにできる方法のお話です。

まず静電気を逐電してしまうメカニズムからです。

椅子から立ち上がる時、ズボンorスカートと椅子のわずかな摩擦が発生しますよね。

ほとんどのケースはこの立ち上がる時に時逐電しています。

そして、履いている靴orスリッパがゴム等の絶縁体であれば、静電気の逃げ場がありませんので、逐電したまま移動する事になり、ドアノブ等の金属・人に触る等の時に「バチッ」となります。

これを防ぐには事前に放電する必要があります。



まず、スリッパ等のすぐ脱ぎやすい物を履いている場合は、片足で良いので床を直に踏みながら立ち上がりましょう。

すぐ脱げない靴だったり、オフィスの床が汚い場合は、机の金属部分を手で触りながら立ち上がりましょう。

完全木製の机で無い限りは、どこかに金属があるはずです。

床や金属に触れていれば放電します。

逐電しつつも放電を同時に行いながら立つ事になり、ほとんど逐電しません。

もしも、この方法を行わずに立ち上がってしまった場合は、机の金属部分を「手のひら」で触りましょう。

「バチッ」となりますが、手の平は皮が厚いので痛くはありません。

些細なテクですが、覚えておいて損は無いハズです!



PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク